メダカが最もかかりやすい病気をチェック

飼っているメダカの様子が何だかおかしい?もしメダカの体に、白い点々のようなものが見られたら、それは白点病かもしれません。
白点病はメダカだけでなく、熱帯魚などがかかる代表的な病気です。自然界ではほとんど蔓延しないのだそうですが、水槽のような閉鎖的な空間においては感染力の強い病気です。
原因は、イクチオフチリウスという繊毛虫が魚に寄生することにあります。この寄生虫が成長してエラにまで到達すると、呼吸困難を引き起こします。特に抵抗力の落ちたメダカにとっては、致命的ともいえる病気なのです。
発見した場合には一刻も早く治療する必要があります。主な治療方法としては薬浴。専用の薬はホームセンター等にも置いてあるので、容易に試すことができます。また、他には水槽の温度を徐々に上げていく、という方法もあります。水温を28度〜30度にすると、寄生虫の活動を低下させることができるからです。ただ、メダカは短時間での温度変化に弱いので、数日かけてゆっくりと温度を上昇させるように気をつけてください。
この白点病、残念ながら完全に防ぐことはできません。しかし、未然に防ぐためには、えさのやり過ぎに気を付け、こまめに水替えをすることで清潔な水槽内環境を保つことが大切です。