メダカの種類

メダカと言うと、昔、沼や池、小川にいたメダカを思い出し、種類と言われても1種類、いても2,3種類くらいかなと思う方は少なくないと思われます。

残念ながら野生のメダカは絶滅危惧種に指定されるほど個体数を減らしている一方で、突然変異や海外からの輸入、人工的に改良されることでメダカの種類は続々と増え、ペットショップで様々なメダカの種類を目にするばかりか、品評会まで開かれていているのです。

日本メダカ(黒メダカ)、一般には日本のメダカの原種と呼ばれており、昔は1種類だけと考えられていましたが、2種類いると言うのが現在の定説になっています。
一方、ペットショップなどで観られるメダカには「普通種メダカ」「ダルマメダカ」「半ダルマメダカ」「ヒカリメダカ」「ヒカリダルマメダカ」「ヒカリ半ダルマメダカ」に大別されます。

普通種メダカには、特徴としては形は私達の知ってるメダカで、色は多種多様です。丈夫で飼育しやすいので飼育される場合は普通種からはじめるのが良いとされています。
ダルマメダカは、普通種よりもずんぐりしており、泳ぐ姿がユーモアですが繁殖力が低い特徴を持ちます。半ダルマメダカは普通種とダルマ型の中間くらいズングリしています。繁殖力はダルマ型よりは強いので中級者向けのメダカと言われいます。ヒカリメダカは名前のとおり背中から胴に向かって光ってみえ、泳ぐ姿が優雅なのが特徴です。ヒカリダルマメダカ、ヒカリ半ダルマメダカは名前が表す通りダルマ型、半ダルマ型の光るバージョンです。

ここで大別した種類の下に多くて20種類以上、少なくても数種類のメダカがいますので、メダカにはとても多くの種類がいる事がおわかりいただけたと思います。
ペットショップで売られていますので、多様さや優雅さ綺麗さをご自分の目で確認すると楽しいと思います。余談になりますが数百円〜数万円までと価格の多様さにも驚かれると思います。