メダカを飼う

メダカと言えば、子供の頃に飼育したことがある人も多いのではないでしょうか。
日本の川や田んぼ、池に行けば頻繁に姿を見たメダカ。
最近でも、河川に行けば目にする機会があります。
このメダカですが、大人になって飼い始めたという人も結構多いと思います。
メダカは比較的に、飼い易い生き物で、飼育するための容器、水、餌とメダカが姿を隠すことができる水草や木を用意すれば、誰でも飼育することができます。
メダカの寿命は1年から2年程度ですが、飼育されているメダカは、細かい手入れを欠かさなければ、5年と長い期間飼うこともできます。

メダカの飼育で、大切なのは、水質です。
メダカが生息することができる水質は弱酸性か弱アルカリ性の水質で、バクテリアやプランクトンが程良く生息できる環境というのがメダカの生息環境に適した水質です。

しかし、初めてメダカを飼う人は、この程良い水質と、メダカの住環境を整えるのが結構難しく、販売されていた珍しい種類のメダカを数週間で全滅させてしまった。なんて話も耳にします。

近くにある河川に生息するメダカを捕まえてきて飼育する人もいますが、ペットショップなどで販売されているメダカを購入して飼育する人も増えています。

先ほども少し言いましたが、メダカには珍しい種類のものがおり、販売されているメダカの種類によって飼育の環境を変える必要があります。

ここでは、初めてメダカを飼う人が、メダカを飼育する上で大切なことを紹介しています。